« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

[雑記][イベント] コミックマーケット 67

今年の冬コミは久しぶりに2日。でも1日目は仕事納めと重なってしまったので。
仕事を終えた後、夜行バスで出陣。前日が雪で凄い事になっていたらしいので
現地に間に合うかどうか心配でしたが、OKでした。しかし、最後に交代したバス
の運転手…飛ばしすぎ。風切り音が全然ちがったって…。 (^_^;)

今となっては、1日で2日分のサークルを置いているに等しい状態で、まず西館
は諦めました。それでも全然回れませんでしたけどね。 ・゚・(ノД`)・゚・

今回はRUNE系サークルの水護亭に、「初恋」の杏っち柚純たんのピンキー改造
フィギュアを展示して頂きました。難陀さんサンクスです!

そして、アキバ巡礼を少しだけして本日中に戻ってきました。いつもながらモッタイ
ナイよな…。

Pinky_Anzu_06s


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[アニメ][CS] 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG

地味に盛り上がってまいりました。(笑

第23話 「橋が落ちる日 MARTIAL LAW」
出島が舞台だから、いずれ出るだろうと思っていましたが、やはり荒巻兄が
出てきました。しかもクゼに助言をするというオイシイ役柄で。(笑
しかし、あのお茶の淹れ方が独特だったのですが、あれは何なのでしょうね?
「水は低きに流れる」…名言ですね。 (^_^;)

第24話 「出島,空爆 NUCLEAR POWER」
さて、待ってましたの戦闘メインな話が続きます。 ヽ( ´ー`)ノ
9課とクゼ&難民とゴーダ&官房長官の三つ巴の闘い。特に9課とゴーダの
行動の読み合いが勝負を決めるって線ですか? イケメンのプロトがバイオ
ロイドだったんですか? アップルシードではざらにいますが、攻殻本編では
いなかったような…?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[コミック] NHKにようこそ! (2) 滝本竜彦×大岩ケンヂ

そして、またもや「げんしけんと」ほぼ同時に発売だったコレ。
あいかわらず、「げんしけん」よりも深い所で共感してしまってる
ヲレってどうよ………。 orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[コミック] げんしけん (5) 木尾士目

コミケット…いやコミフェス編もたけなわ。(笑
サークル入場で入るとガラガラのだだっ広い会場に驚くって実感
わくなぁ…あと会場前行列とかリアルすぎ。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[今月のFSS] 05年01月号

FSSは休載なんだけど、例によっておまけのカレンダーの12月が
FSSイラストなので買ってやったさぁ。 (つд`)
あの東村山一丁目スタイルのアブネェ奴ってミラージュだったんかい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[アニメ][DVD] プラネテス ΠΛΑΝΗΤΕΣ (5)(6)

だんだん話が動いてきました。

Phase 12 「ささやかなる願いを」
フィー姐さん恐いッス。 Σ( ̄□ ̄;
私はどっちかというと禁煙活動家の方なので、同情はちょっとだけ。(笑
しかし、感懐は久しぶりに馬鹿笑いの出来る話なのですが、けっこう
人死んでるのよね…いいのかソレは? (^_^;)””””

Phase 13 「ロケットのある風景」
今回は宇宙船が破壊されて仕事が出来ないので、休暇で地球に降りる
話なのだが…。メインのは無しは置いといて(笑)、ハチマキの弟の九太
郎君…あの性格で声優が保志総一朗…「無限のリヴァイアス」のデジャ
ビューがががっ! なんか殆ど同じセリフも言っていたような…。(笑

Phase 14 「ターンニング・ポイント」
またOPが変わってるし…。
ハチマキ…オマエいったいいくつなんだよ…ウブすぎ。 (´Д`;)
しかし、クレアさんがだんだんと立場を無くしていってるのが可哀想…。

Phase 15 「彼女の場合」
今回はエーデルさんのお話し…になるのか? 真面目だけど無愛想な
彼女の素顔は…ってのがメインなのだが、他にも裏で色々並行して話
が進んでいるようで…そのうち一つはハチマキとタナベで、全然隠れて
いないですがね(笑)。テクノーラ上層部の話は気がかりなのですが…
前回の偉い人も出てきていたし…。

Phase 16 「イグニッション」
オチがそれだったら、結局話の結論は「ハチマキは単純でよろしい」で
いいのか? なんか中盤までの重い内容が嘘のようだナ。(笑

Phase 17 「それゆえの彼」
OPで出ている謎のおっさん2人が登場。どちらもインパクトあるキャラ
でしたね。しかも、片方はハチマキの親父だし(笑)。
話の方は、これから後半戦開始ってところかな? 特にロックスミス氏
が一番の曲者ですね。クレアさんはどんどんおちぶれているし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映画][アニメ] 雲のむこう、約束の場所

Cloud.jpg
行ってきました。
昨晩の台風並みの暴風雨で、JRが紀勢線~阪和線区間でマヒしていて出発時から
いきなりトラブル。着いたら、なんとか初回放映までに間に合いました。なんでも余裕
持っていないとアブナイですね。 (^_^;)
久しぶりに来た梅田Loft…もう5年は来ていないような…。しかも階下にある劇場とな
ると、以前ここで観たのは「ぼのぼの」あたりになるかな?
久しぶりに見る新海氏の映像。90分はまたたく間に過ぎていきました。内容は「ほし
のこえ」を正常進化したものでした。こう…新海氏の映像におけるプライオリティって
「雲>光>電車>背景>人」なんでしょうかね? とにかく、「電車」が入るところあた
りに氏の趣味が伺えます。(笑
私は氏の作品は「背景を見て楽しむ」ものだと思います。とにかく、ここまで背景の綺
麗さ…しかも1枚絵での綺麗さじゃなくて、光の演出を加味した動く絵としての綺麗さ
…は他の作品では見られない氏の独断場ですね。
あと、新海氏の作品は、モノローグを多用するのが常なのですが、主人公である藤沢
くんの声優にまさか、これまたモノローグを使って演出していたTVドラマ「北の国から」
の息子役の俳優、吉岡秀隆氏を持ってきますかっ! Σ( ̄□ ̄;
ヒロインの沢渡さん、キャラとか声(“ヘンリエッタ@ガンスリ”“マオ@マクロスZERO”
の南里侑香さん)はめちゃカワイイんだけど、仕草とかはちょっとアニメ的デフォルメ入
りすぎでくどかったかも…。 (^_^;)”””” 
シナリオは、まぁ「若さだなぁ」って所かも? いや、純粋であることはいいんですヨ。
SF的ガジェットはツッコミ所が色々あるのも、前作と同じですね。 (^_^;)””””””
よく帰れたなとか、いやその前によく運転できたなとか、初めて作ったにしてはかなり
個性的すぎる機体だなとか…。(笑
あぁ、もう一回観に行けたらいいなぁ…。 ( ゚-゚)トオイメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »