« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

[ゲーム][PS2] ラジアータ†ストーリーズ

買っちゃいましたよ。 (*´д`*)
ゲーム誌の記事を見て、グラフィックのキレイさに一目惚れでした。
ヒロインもツインテでツンデレな分かりやすいキャラでGoo! (笑
あと、このゲームの売りである「NPCが本当に生活している」っての
は、ホント見ていて楽しいです。ただ単に立っているだけのNPCと
は一線を画しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[アニメ][DVD] サムライ チャンプルー (2)(3)

「無限の住人」と「カウボーイ ビバップ」を足して2で割ったような…。(笑

#03 「以心伝心 其の一 Hellhounds For Hire (part 1)」
#04 「以心伝心 其の二 Hellhounds For Hire (part 2)」
攻殻機動隊S.A.C.の荒巻課長の名セリフ「我々の間にはチームプレイなど
という都合の良い言い訳は存在しせん。あるとすればスタンドプレーから生
じるチームワークだけだ」を髣髴させる話ですね。(笑
自分たちがプレイしていたTRPGでも、こんな事やってたよなぁ…。 ( ゚-゚)トオイメ

#05 「馬耳東風 Artistic Anarchy」
ひまわりといえば、ゴッホを連想したりするのだが、まさか時代劇(モドキ)
で直球勝負するとは…。(笑
しかし、春画とか見せちゃってたりしてるけど大丈夫か? (^_^;)

#06 「赤毛異人 Stranger Searching」
冒頭の大食い大会は凄く馬鹿馬鹿しくて笑えたヨ。 ΣG(>▽<)
今回のゲストの妖しい伴天連サムライ、服が黄色で大男ってのがいかにも
ですね、今後レギュラー出演?(笑
そして、前回はエロ本で今回はヤオイ本っすか!(ォ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[アニメ][CS] 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG

ネタバレ全開モードです。 (^_^;)

第25話 「楽園の向こうへ THIS SIDE OF JUSTICE」
バトー      「てめぇら! この義眼が目に入らぬか!」 ( ゚д゚)クワッ
レンジャー4課 「入ってる入ってる」 ヾ(゚_゚ ;)
しかし、クゼの闘争の理由がなかなか耳に痛いですね。目先の快楽に囚わ
れていて、無責任に文句を言うだけじゃだめだとは分かってはいますが…。
「水は低きに流れる。人の心もまた、低きに流れる」は名言です。一生忘れ
ないかも…。あと1話、緊迫感が増します。
バトー…、おまえ同僚に生暖かい目で見送られてるぞ…きっと。 (´Д`;)

第26話 「憂国への帰還 ENDLESS ∞ GIG」
2nd GIG 終了。いやぁ、きちんと風呂敷を畳んでますねぇ。原作&1stの
ファンサービスも色々入っていて、余裕の演出っぷりですね。 ΣG(>▽<)
気付いた所を箇条書きにすると…。
・バトー、「素子ぉぉぉぉぉxっ!」ってマタか…ウルサイよ。(笑
・タチコマ、最後にメモリーのバックアップをネットに放流してますね。
・官房長官室の地図、アップルシード互換ですね。ポセイドンもオリュンポス
 もありますね。
・そこでの、茅葺首相のセリフの中に出てきた「米ロ」。原作では「米ソ連合」
 のことでしょうね。時代を感じます。
・素子、合田氏を射殺。あからさまにオーバーキルです。足元から切り上げる
 ように連射してるし…。そうとう鬱憤が溜まってたんでしょうね。(笑
・そして、そのシーンで合田のそばにいたのは、1stの「密林航路にうってつ
 けの日」に出てきた、CIA職員のワタナベ・タナカですね。オイシイ所で出
 てきますねぇ。それじゃぁ、クゼを毒殺したのはサトウ・スズキなのでしょう
 か? 声が違う気もしますが…。
・クゼの毒殺は衝撃でした。ただ、「テロリストをかっこよく死なせて美化させ
 ない」というポリシーなのなら納得行きます。潔いです。
・ラストシーン、原作1話そのまんまなのでびっくりしました。画面のアングル
 とか制服とかセリフもほぼそのまんま。マシンボイスなフチコマのAIは、3rd
 でタチコマのゴーストと記憶を受け継ぐのでしょうか?

結論としては、やっぱ1stが偉大過ぎた。 (^_^;)
でも、2ndも高いレベルの内容でしたね。満足満足。 ヽ( ´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[コミック] ヘルシング (7) 平野耕太

表紙が赤くない!(笑
セラスvsゾーリンはまぁ予想通りの展開でしたね。隊長の血を吸って
スーパーサイヤ人化…じゃなくて(笑)、真の吸血鬼化でパワーUP。
ゾーリンのやられっぷりが豪快でした。ゾーリンがゾリゾリと…。(ォ
カバー裏のイラストもかなりヤヴァげでステキ…いいのか? (´Д`;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[今月のFSS] 05年02月号

長期連載休載…しかも改訂版2巻発売予定だけで、12巻は先の話ですか…。
(´Д`;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

[アニメ][DVD] エルフェンリート (3)

5話・6話と、なかなか重くてグッとくる話で進んでいきますね。

第05話 「落掌 EMPFFANG」
マユのここに来るに至った話もちゃんと書かれていてビックリです。
よくまぁ、13才(わざわざ分かるように(笑))の義娘を凌辱する義父
って話かけたよなぁ…TVアニメの可能性の枠が広がったかも?(ォ
そして、数多くの秘密を知っているラスボスの息子が、色々ごたく
を並べつつも、あっさりとクビチョンパなのは原作通り。(笑
このバッサリ感はこの作品の魅力ですね。(笑

第06話 「衷情 HERZENSWAERME」
このタイミングでユカと落ち着いてしまうってのも変なんですが…。(笑
背景の稲荷神社の書き込みが物凄くキレイで幻想的でしたね。お稲荷
さんに流れる雨の雫がミュゥの心情を現していて、ちょっとクサイかも。
他にも色々話が錯綜していて情報量の多い回でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ゲーム][Online] スカッとゴルフ パンヤ

あけましておめでとうございます。 ヽ( ´ー`)ノ

大晦日の深夜からコレを始めてハマってしまいました。(笑
スカッとゴルフ パンヤ
pangya_005s

既にプレイされている方のHPとか見ていて、「萌え」方面に充実しているので
いつかはプレイしてみようと思っていたので、大晦日のマターリした時間にイン
ストール。(笑 プレイするだけならタダの太っ腹なシステム。でも衣裳に凝った
りすると有料になったりするのがウマい商売ですね。 (^_^;)

まだまだレベルが低いので、いわゆる経験値で購入できるアイテムとかはこれ
からですね。キャディーも現存する中ではティッキーが狙い目なのでしょうが、
レベルが足りないので修行あるのみ。でも、最初から付いてくる謎生物のポンタ
がイイ味だしていますので、これはこれでOK。(笑
Pangya_002s
…………カミブクロネコ?
ここのハコイヌといい勝負です。(笑


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »