« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

[アニメ][DVD] エルフェンリート (6)

第11話 「錯綜 VERMISCHUNG」
35番のマリコの登場。無邪気な殺戮衝動ってのが、なかなかよく出てますね。
それにしても、真っ二つにされた研究員のおさげっ娘、良く生きてたな。(笑
せっかくナナに安住の地が見つかったというのに、それは束の間でしかなかった。
マリコに補足されて、楓荘のみんなを護る為に一人で闘の場に向かう。蔵間や
坂東も時を同じくして“その地”へと…。ラストスパートへの前哨戦…盛り上がり
ますねぇ。 ヽ( ´ー`)ノ

第12話 「泥濘 TAUMELN」
Σ(´Д`;)
なんかあと1話で終了というのに、後半のバランンスが非常に悪いです。回想
シーンを長く取ってしまっている(しかも流用)ので、最後の流れが急です。妹
の死亡シーンも、もうちょっと「タメ」の演出が欲しいと思うし、なにより終り方が
ぶつ切れっぽいのが消化不良です。脚本サイドのミスなのか、作画が間に合
わなかったので、急遽再編成したのでしかたがなかったのか?
もったいないなぁ…。 (´Д`;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ギャルゲー] 和歌山の地域観光のPRにKeyのキャラが…

この間、「アニメ“Air”の舞台は和歌山」のネタを書きました。あれからブログ
のリンク元データにこのネタの検索項目が増えてます。(笑
で、リンク元を辿るともっと信じられない事実が…

西牟婁地域観光地PRがKeyと提携

( Д)                                             ゜ ゜

マジデスカ! HPに貼り付けてるクラナドのキャラも相当インパクトあるのですが
なんかポスターとかオリジナルっぽいのですが…………。 Σ( ̄□ ̄;

大丈夫か和歌山? (´Д`;) ”””””””””””””””””””””””””

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[FSS設定集] CHRONICLE 2005

買ってきましたよ。前のクロニクルをイメージしていたのですが、
全然別物のスタイルですね。まず本が小さい(笑)。FSS単行本
と高さは同じです。幅が標準の縦横率なのでちょっと小さめ。
内容は、いままでの設定集の再編集ものなのですが、カラーを
充実させてるし、非常に見やすいです。予想以上にヨサゲかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ゲーム][Online] スカッとゴルフ パンヤ

ロロたんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
pangya_011s

ティッキーたんもカワイイですけど、ここはロロたんで! (*´д`*)ハァハァ
髪のくせ毛っぽい部分、ネコミミのイメージかなと思っていましたが、実際見てみると、
どうやら羽根をイメージしてるようですね。風にパサパサなびくくせ毛がまたイイ!
はやく気軽に喋ってくれないかなぁ…。 (*´д`*)ハァハァ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[コミック] 魔法先生 ネギま! (9) 赤松健

さて、今巻は学園祭前日の盛り上がりをベースに、残り物^h^h^h
いままで目立っていなかったキャラの個別シナリオがメインになっ
てます。
・あきらかに容姿が他と違う娘 >四葉五月
 肝っ玉母さん風味でしたか。あのエヴァが一目置いてるって…。
・あきらかに人間“だった”娘 >相坂さよ
 ドジ属性炸裂! あくまで暗い話にはしない方向で…。
・あきらかに人間じゃない娘 >絡繰茶々丸
 あぁ、東鳩でこういうシナリオ見たかったよ…。(ォ
残されたキャラの中で妖しさ最右翼の“悪魔ッ子(予測)”のザジ
レイニィディは今回は顔見せだけですね。思えば1話巻頭カラーの
見開きに書かれている小さいコマの伏線がずっと気になったまま、
未だ正体見せず…学園祭後半に期待なのか?
あとは、天才少女のお二人さん。葉加瀬聡美はあからさまにお約
束なマッドサイエンティストキャラでしたが、超鈴音は意外や意外
このクラスきっての曲者キャラが正体でした。どうやら、今後の学
園祭の黒幕となっていくようなのですが、さて?

それはそれとして、連載の方が凄い事になってきましたね。格闘
大会は小太郎との親睦を深める(笑)話になると思っていたのです
が、ここにきて超の陰謀により大規模化…そして3Aの武闘派キャ
ラ総出演の予感…あ、刹那っちは出なさそうですね。 (^_^;)
盛り上がってまいりました! ジャンプならこれでこの先2年は続
きそうな…。(笑
学園祭編、まだまだ先が見えません。 Σ( ̄□ ̄;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[アニメ][DVD] エルフェンリート (5)

第09話 「追憶 SCHOENEERINNERUNG」
コウタとの想い出編(前編)って所ですか。せっかくの楽しいひとときが、
コウタのウソでもろくも崩れ去って、殺人鬼としてのルーシーへの最後
のひと押しになってしまうとは…。 (つд`)
しかし、ルーシーの心の中での葛藤に出てくるベクターの精(笑)との
会話は、まんま寄生獣なのですが…。 (´Д`;) ””””

第10話 「嬰児 SAEUGLING」
てっきり、コウタとの想い出編(前編)になると思っていましたが、うまく
ずらしましたね。という訳で今回は蔵間室長サイドからの話。「憎しみの
連鎖」…あるいは「因果応報の連鎖」という流れですか。どちらも最初は
「好き好んでやってるわけじゃない」だったんでしょうが、もはや後には
お互い憎しみのみしか残っていない…。ナナだけが唯一因果に囚われ
ていないのが救いですね。あとナナだけギャグシーンあったり。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[今月のFSS] 05年04月号

ちょっとだけカラーページに特集組んでましたので買っちゃいましたよ。 (^_^;)
ヴィッターシャッセ・CCSのデカダンススタイル…設定として出しそこね
ていたのでって所ですか?(笑
あの白鳥コスプレ野郎は、ヴィンズ・ヴィンズだったんですねぇ…。
あと、最後のキャラは“シオの門番”て組織(?)の者ですね。 たしか、
前にナカカラで、アルルの側に潜んでいたキャラがこれになるのかな?

とりあえずそんなことよりはやくたんこうぼんのじゅうにかん(ry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[アニメ][DVD] サムライ チャンプルー (5)

#09 「魑魅魍魎 Beatbox Bandits」
走れメロスのパロディーかと思わせておいて、話は意外な方向へ…。(笑
しかし、偵察を付けるってコトするなら最初からその人に運んでもらえば
いいような気がするのだが…もしかして囮?(笑
今回は話の流れが押井っぽかったですね。話の締め方とか。

#10 「以毒制毒 Lethal Lunacy」
「いどくせいどく」でちゃんと一発変換できましたヨ…ウチのWXG4…何か
負けた気分…… orz
今回のゲストキャラのCVは速水奨…分かりやすいキャラパターンだ。(奨
珍しく殆どマジモードで話が進みました。でも、最後のチャンバラシーンが
ちょっと短かったかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »